ベルブランの最適な使い方は?どう使えば良い?

 

治ったと思っても次から次へとできるニキビ。
赤く炎症を起こしてしまっているニキビ肌。
シミになったり凸凹になったりしたニキビ跡。
ベルブランはこのようなニキビに関するお肌の悩みから解放してくれる美容液です。

 

ニキビトラブルの多いお肌や敏感肌の人は、少しの摩擦や紫外線でもメラニンが大量に発生してしまうため、シミの悩みもついてまといますよね。
そんなデリケートなお肌の美白ケアは、どれだけ素早く美白成分を浸透させられるかがキーポイントです。

 

ベルブランは、お肌のバリア機能を突破して美容成分を速攻浸透させてくれるナノ化油溶性甘草エキスを配合しています。

 

そのブースター効果により、美白成分であるトラネキサム酸や抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2Kがしっかり浸透して効果を発揮してくれるんです。

 

「いろいろ試したけど改善されなかった悩みがベルブランで解消された」という口コミが多いのも納得の成分だと思います。

 

そんなベルブランの効果を「速攻で実感したい」という人のために、ベルブランの効果的な使用方法について紹介します。

 

ベルブランの効果的な使用方法は?

ベルブランの効果的な使用方法はどのようなものなのでしょうか?

 

ベルブランの使い方はココに注意

ベルブランはブースター美白美容液です。
一般的に洗顔後のスキンケアは、化粧水を塗ってから美容液、そして乳液またはクリームを塗りますよね。

 

ベルブランは美容液なので化粧水の次…というのはNGです。
なぜかというと、ベルブランにはブースター効果があるからです。

 

洗顔後、一番最初のお手入れにベルブランを使う事で角層までの通り道ができます。
そうすると、その後に塗る化粧水や乳液に配合されている美容成分も、しっかりと浸透させる事ができます。

 

いくら美肌効果のある化粧品を使っていても、お肌に浸透されなければ効果は実感できません。
浸透力が美肌へのカギとなるので、「洗顔後すぐにベルブランを使う」というのが鉄則です。

 

ベルブランの通常ケアは簡単3ステップ

ベルブランの通常ケアは朝・晩の1日2回。
とてもシンプルで簡単な方法です。

 

・洗顔後、ベルブランを4〜5プッシュ、お肌につける

 

・ハンドプレスでお肌に馴染ませる

 

・いつも使っている化粧水・乳液などを塗る

 

たったこれだけのケアでいいんです。
ベルブランは油分が含まれていますが、少量でも伸びがよくスーッと浸透するので、ベタつきが気にならないのが特徴です。

 

乾燥が気になる人はしっかりめ、皮脂が気になる人は控えめにと、お肌に合わせて使用量を加減しても良いですが、少なすぎると効果を実感しにくくなる場合もあるので注意しましょう。

 

ベルブランはスペシャルケアでさらに実感力アップ

ベルブランは2日1回のスペシャルケアを加える事で、さらに実感力がアップします。
「スペシャルケア」といっても、そんな大げさな事をするわけではなくコットンパックをするだけ。
簡単にできるので是非実践してみてください。

 

・洗顔後、ベルブランを4〜5プッシュお肌に馴染ませる

 

・精製水を含ませたコットンにベルブランを4〜5プッシュし、そのコットンを気になる部分に張り付けて2〜5分パックする

 

・普段使っている化粧水・乳液などで仕上げをする

 

たったこれだけで、ベルブランの効果をより実感できるようになります。

 

まとめ

ベルブランを効果的に使うためには「洗顔後すぐに使う」というのがポイントです。
そして、ベルブランの使用は1日2回、朝と夜。
2日に1回コットンパックをする事で、より効果的になります。

 

「とにかく最速でベルブランの効果を実感したい」という人には、14日間「ベルブラン」速攻ブースター美白実感プログラムがおすすめです。

 

初回だけ、毎月300名限定のキャンペーンなのですが、かなりお得な価格で購入できる定期購入となっています。

 

このプログラムでは初回お届けから14日間後に2本目が届き、その後は1ヶ月ごとのお届けとなります。
継続的にベルブランを使用するなら、通常価格で買うよりも定期購入が断然お得です。

 

最低でも何回は継続しないといけない…というような縛りはなく、いつでも解約や変更、中止ができますので、「とりあえず試しに使ってみたい」という場合でも安心して利用できます。

 

ベルブランの口コミと効果は?22人の口コミを紹介!