ベルブランは効果がない?そう思っている人の共通点は?

 

ベルブランは繰り返しできるニキビ・ニキビによるシミ・ニキビ跡が気になるお肌のために作られた美容液です。
ニキビに悩まされるお肌はとてもデリケートで、メラニンが発生しやすくシミができやすい状態です。

 

ちょっとの刺激でもメラニンが大量発生してしまう状態なので、いくら美白ケアをしていても追い付かず効果がなかなか得られませんよね。

 

そこでベルブランはいち早く美白成分を浸透させられるように、オリジナル成分であるナノ化油溶性甘草エキスとトラネキサム酸をW配合しています。

 

美白成分であるトラネキサム酸をはじめ、贅沢に配合されている美容成分を、ブースター効果のあるナノ化油溶性甘草エキスがお肌の奥までしっかりと届けてくれるのがベルブランの特徴です。

 

そんなベルブランの口コミを調べてみると、良い口コミが多数あるものの、「効果なし」という気になる口コミも存在します。

 

でも、よくよく調べてみると効果がないと感じた人にはいくつかの共通点がある事がわかりました。
そこで、「ベルブランは効果なし」と判断した人の共通点をご紹介したいと思います。

 

ベルブランの継続期間・使用量が足りない

「ベルブランは効果がない」と感じている人の共通点として、継続期間の短さが挙げられます。

 

ベルブランには毎月300名・初回限定で、<14日間「ベルブラン」速攻ブースター美白実感プログラム>というキャンペーンがあるのですが、このキャンペーンのネーミングのせいか、「14日間で実感できるのかな」と思う人もいるようです。

 

公式サイトにも記載されているのですが、このキャンペーンの目的は14日間の使用でベルブランの効果が実感できるというものではありません。

 

ニキビやニキビ跡のトラブルを抱えるお肌はターンオーバーが乱れていたり、お肌が硬く美容成分が浸透しにくくなっていたり…という状態です。

 

そんなお肌のターンオーバーを整えるための14日間であり、効果があらわれるまでの14日間という意味ではありません。

 

ターンオーバーを安定させ、お肌の状態を改善する事で、美容成分をしっかりと届けられるようになるので、本格的にケアを始める準備段階とも言える14日間なんです。
そこを勘違いして「効果なし」と諦めてしまう人も、残念ながらいるようです。

 

また、使用量も効果の実感に大きく影響します。
「もったいないから」と、使用量があまりに少ないようでは成分が十分にお肌に届きません。
適量を使って、継続してケアしなければ効果は感じにくいんです。

 

皮脂量コントロールに問題あり

ニキビが気になる人や、ニキビが繰り返しできる人の共通点として、間違った洗顔が原因となるお肌の「乾燥」があります。

 

「ニキビは皮脂が多いからできるもの」というイメージを持っている人は多く、そのイメージから洗顔をしすぎる人もたくさんいます。

 

洗顔しすぎるとお肌が乾燥してバリア機能が低下してしまうだけでなく、乾燥からお肌を守ろうとして皮脂の分泌が盛んになってしまいます。

 

そんな状態ではいくらベルブランでケアしても追い付かず、「効果がない」と思ってしまうケースもあるようです。

 

また、逆にスキンケアによって油分が多すぎるお肌も、ニキビを悪化させてしまう場合があるので気をつけたいですね。

 

まとめ

ベルブランの効果を実感できなかったと判断した人には、いくつかの共通点がありました。
悩みの解消にかかる時間は人によりけりではありますが、継続期間が短すぎると当然効果を実感しにくくなります。

 

早い人だと数週間で変化に気づく人もいるようですが、多くの人は2ヶ月以降の継続で実感しているというのも参考にしてみると良いでしょう。

 

また、継続期間と同じく重要なのが使用量です。
ベルブランは浸透力にこだわって作られている美容液ですが、極端に使用量が少ないようでは効果が得られないのも無理はないという事を知っておきましょう。

 

ベルブランの口コミと効果は?22人の口コミを紹介!